法人概要

本ページでは、社会福祉法人伊勢湾福祉会の法人概要を説明します。

ご挨拶

理事長 伊藤きみ子よりご挨拶申し上げます。

自己紹介、伊勢湾福祉会について

理事長の伊藤です。私は昔から、福祉の仕事に取り組んでいるわけではなく、当法人を立ち上げる前は、会計事務所に勤めておりました。
会計事務所で働きながらも、高齢者福祉に関心が湧き、一念発起して、平成2年に社会福祉法人を設立し、平成3年5月に特別養護老人ホームを設立しました。
その後、地域のニーズに応じて様々な高齢者福祉に関わる事業所を設立し、現在に至っております。
なお、「伊勢湾福祉会」という名称は、伊勢湾に面しており、施設を建てるにあたって現地視察をした際に、海があまりにも綺麗で感動したので、この名称といたしました。

事業において大切にしていること

法人理念にもあるように、全てのご利用者様の個人の尊厳・利用者本位を大切にしています。
もちろん事業を行っていく中では、職員は欠かせない存在であり、職員を大切にすることは昔から今でも変わりなく大切にしています。
「伊勢湾福祉会があって良かったな」と、今以上に思っていただけるように頑張りたいと思います。

地域の方へのメッセージ

日頃は、大変お世話になっております。法人が地域の皆様にお役に立てるような法人でなければなりませんが、逆に地域の方に今まで大変支えられて、ここまで法人運営が出来ております。本当に感謝の限りです。
今後も地域の皆様に愛される法人になるよう職員一同、努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

理事長 伊藤きみ子

概 要

社会福祉法人伊勢湾福祉会の概要を掲載しています。

法人名 社会福祉法人伊勢湾福祉会
設立認可年月日 平成2年4月27日
法人所在地 〒510-0227 三重県鈴鹿市南若松町字南新田1番地
アクセスの詳細についてはこちらのページをご覧ください
代表者名 理事長 伊藤きみ子
職員数 180名(2019年4月1日現在)
施設・事業 こちらのページをご覧ください
お問い合わせ こちらのページをご覧ください

法人理念・方針

社会福祉法人伊勢湾福祉会の法人理念、基本方針、経営方針を掲載しています。

法人理念

個人の尊厳が重視され、地域の中でその人らしい生活が送れるよう、利用者から信頼され、安心して納得できる利用につながる、地域に根付いた福祉活動を行っていく。

基本方針

本法人は、高齢化の進む21世紀において、現代の繁栄と豊かさの基盤を築き上げてこられた高齢者が、尊厳を保ちながら自分の人生を自ら決定し、生き甲斐を持てる気概に満ちた日常生活を送ることができる成熟した社会の建設に向けて、高齢者の身体的のみならず精神的な自立促進を支援する多様な高齢者福祉を実践し、併せて地域における重要な社会資源であることの認識を持ち、広く地域社会に貢献することを運営の基本方針とする。

経営方針

  • 地域福祉の増進
  • 質の高いサービス提供
  • 職員の資質向上

沿 革

社会福祉法人伊勢湾福祉会の沿革を掲載しています。

平成2年4月 社会福祉法人 伊勢湾福祉会 設立
平成3年5月 特別養護老人ホーム 伊勢マリンホーム(多床室) 事業開始
短期入所事業(ショートステイ) 事業開始
平成3年10月 デイサービスセンター 伊勢マリンホーム 事業開始
平成5年4月 伊勢マリンホーム ヘルパーステーション 事業開始
平成8年4月 ケアハウス サンマリン 事業開始
平成12年4月 居宅介護支援事業 事業開始
平成12年8月 グループホーム マリンの家 事業開始
平成15年1月 デイサービスセンター 伊勢マリンホーム白子 事業開始
グループホーム 白子マリン 事業開始
平成17年5月 デイサービスセンター 伊勢マリンホーム旭が丘 事業開始
平成18年4月 鈴鹿南部地域包括支援センター 事業開始
平成18年4月 介護予防支援事業 事業開始
平成23年4月 特別養護老人ホーム 伊勢マリンホーム(個室ユニット)事業開始
平成29年4月 鈴鹿南部認知症初期集中支援チーム 事業開始